-北海道西部、日本海深海から獲れるアカシマ海老-
 

せたな町は北海道西端で潮が早く荒れる海として知られております。
清流日本一に幾度となく認定された川が注ぐこの日本海で、漁獲は厳寒期のみ。
さらに、数ある海老の中でも産卵数が少なく、殻を剥いてもシマ模様が残るほどのアカシマ海老はとても希少です。
生息水深は180〜530mで海洋深層水帯に生息します。
ここは年間を通して低温で豊富なミネラル成分を含み雑菌がほとんどない深海と言われています。
この環境でオーナー自らが漁獲したアカシマ海老は熱を加えずとも『赤み』があり、この美しい赤みに惚れ込みました。
この赤みの成分はアスタキサンチンと言われる天然色素であり、魚介類の赤みに含まれています。
他の魚介類にも赤みはありますが熱を加えない生きた状態でもこれだけの赤みがあるのが
この日本海で獲れるアカシマ海老の魅力です。








-アカシマ海老の魅力をたくさんの人に-

現在販売中の【焙煎珍味アカシマ海老】をご存じですか?
船長が獲ったアカシマ海老を殻ごとそのままの姿で焙煎珍味にした、無添加・無着色のオススメ製品です。
見た目は鮮明な色と模様、形がありのまま残ったものであり、一度口にしたら多くの方が
『海老の濃厚な旨味がすごい!』と声にします。
この新感覚の珍味はファンも多い逸品であるが、製造の難しさとアカシマ海老の希少さを考え価格を下げるのは限界がある。
しかし安全・安心で美味しい製品なことは間違いない・・・北海道の自然の恵みをたくさんの人に味わって頂きたい。
この焙煎珍味を使用してもっと多くの方が普段から食べられる製品がほしい・・・!
この想いから、フードコンサルタント・家庭料理研究家として活躍されている『高窪美穂子』さんの協力をえて、
新製品の開発に成功しました。
弊社の加工場で長年加工品を制作している職人達による手づくり製品となっておりますので、
安心・安全な製品を皆様にお届けいたします。 今や『食べるラー油』というのはスーパー等でもよく販売されておりますが、
素材にこだわり、海老の旨味をそのまま閉じ込めたラー油はなかなか見たことがないかと思います。
海老の旨味がリアルに感じられ、ゴロゴロとした新食感ラー油を是非ご賞味いただきたいと思っております。











-お召し上がり方はいろいろ-

漁師の焙煎海老ラー油は、ピリ辛。定番の白米の上にのせるのはもちろん、卵かけご飯や卵焼きにのせても相性抜群です。
海老の旨味たっぷりなので、ラーメンにかけると海老風味に変化も楽しめます。
餃子のつけダレやお刺身等、お醤油代わりとしても絶品です。
あらゆるアレンジにオススメの焙煎海老ラー油。
様々な料理にかけていただき、『海老のうま味』を楽しんでいただきたいです。











まずはお試し!80gのご購入はこちら↓





たっぷり大容量!160gのご購入はこちら↓